もりぞうのコト

4歳の娘とワーキングマザーの生活雑記 → 現在妊婦&夫婦で飲食店経営中。

母が亡くなりました。

8月15日、最愛の母が亡くなりました。

62歳でした。

 

肺がん、発覚時には各所に転移あり。

いわゆるステージ4、末期でした。

 

同じ頃、店(物件)の契約をしていました。

後に、妊娠が発覚しました。

 

店もしながら、毎日病院に看病に通いました。もちろん子供も連れて。

日に日に弱っていく母を見ていると、悲しさのあまり8月は全然寝れませんでした。

 

旅立ってからは、遺品整理に実家に行ったり諸々事務手続きをしたりと、まだまだてんやわんやです。

 

両親とても仲が良く、42年間何をするにもいつも一緒だったので、父が心配でなりません。落ち着いたら近くに越してほしい、とお願いしました。

 

それでも仕事があると気が紛れるのが救いです。

何より子供の存在に助けられました。

もうすぐ家族が増えるし、強く生きなければなりません。

がんばります。

あっという間に

お店をオープンしてから1ヶ月経ってしまいました。

 

お店の形態が、カフェバー(というか喫茶店+居酒屋)で

お茶もできてお酒も飲める飲食店なのですが、お酒飲む人の割合が思いの外多いです。

 

実は私は下戸でして、まったく呑めません・・・。

主人は根っからの飲兵衛ですので、お客様との交流を楽しんでいます。

 

常連さんもできて、なんやかんやで忙しく過ごせているので、感謝感謝です。

気づけば安定期になりました。

 

オープン1週間。

知人だけを招いたプレオープンを経て、正式オープンから1週間経ちました。

忙しすぎてあっという間です。

 

娘は0歳の頃から通っていた保育園に戻れて、大喜びで毎日めいっぱい遊び、ご機嫌なのが救いです。

 

私はというと、毎日むくみと睡魔との戦い・・・(--;)

妊婦の立ちっぱなしは辛いですね・・・。

 

デザートは私が作っているのですが、「おいし~い!」と言っていただけるので、疲れも忘れます。

飲食店やっている方は皆さんそうだと思うのですが、自分が作った空間・料理・サービスに喜んでもらえることが一番の幸せですね。

 

デザート以外はすべて主人が担当なので、感謝・感謝です。

細く長く続けていけるよう、頑張ります。